税理士財務諸表論/課題 のバックアップ差分(No.52)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#BR
#BR
#BR

-課題は、COLOR(RED){A4用紙を使用}のこと。COLOR(RED){手元にもコピー}を保存しておくこと。
-用紙の右上に、提出日、学籍番号・氏名を明記すること。
-複数枚になる場合には、左上角をホッチキスで綴じること。
-論述課題は、参考文献を明記のこと。

**春学期分 [#q6977af4]
*5月11日(5月18日提出)分: [#hab2a64e]
-テキストのまとめ(3章)

*5月18日(5月25日提出)分: [#hab2a64e]
-テキストのまとめ(4章1~2節)

*5月25日(6月1日提出)分: [#hab2a64e]
-テキストのまとめ(4章3節,5章3節)

*6月1日(6月15日提出)分: [#hab2a64e]
-テキストのまとめ(5章4-5節)

*6月15日(6月22日提出)分: [#hab2a64e]
-テキストのまとめ(6章)

*6月22日(6月29日提出)分: [#hab2a64e]
-テキストのまとめ(7章)

*6月29日(7月6日提出)分: [#u945d3b7]
-テキストのめとめ(8章2〜3節)

*7月6日(7月13日提出)分: [#u945d3b7]
-テキストのめとめ(8章残り)

*春学期まとめの課題 [#q7bacbf0]
-提出は[[ActiveAcademy>https://navi.takachiho.ac.jp/login/]]経由でお願いします。(メニューリストのレポート提出のボタンから)

下記のすべての問に解答しなさい。

+「企業会計原則」における正規の簿記の原則と明瞭性の原則との関係について説明しなさい。
+発生主義会計の特徴について、現金主義会計と比較して説明しなさい。ただし、説明には次の用語を必ず用いること。(認識、測定、全体計算、継続企業の公準)
+現行の会計制度のもとでは、一部の金融資産について公正価値による評価が求められている。(a)ここでいう公正価値評価とはどのようなことを意味するのか、また(b)公正価値による評価が一部の金融商品に限定される理由について説明しなさい。
+2004年からサブプライムローンにかかわる債権とCDSからなる投資信託に、トレーディング目的で1億円投資していたとする。2007年頃にはじまったいわゆる金融危機に際して、この投資信託はどのように評価されるべきであったか、現行の会計基準にてらして説明しなさい。もし、あなたが考える適切な会計処理方法と、わが国のほとんどの企業が採用した会計処理方法が異なる場合には、後者の処理方法が採用された理由についても説明しなさい。
+償却性資産を取得した際に予見できなかった事象が発生した場合に行われる減価償却の変更にかかわる処理について、(a)考えられる2つの処理方式について説明しなさい。(b)2つの処理方式のうち、現行の会計制度のもとで採用されいているのはいずれであるか、その理由と共に説明しなさい。
+建設助成金を受けて建物を取得した場合の考えられる処理方法(複数)について説明しなさい。また、これらのうち、企業会計の立場から相対的に望ましいと思われる処理方法があるとすればどの処理方法か、その理由とともに説明しなさい。

//**秋学期 [#oa8926f4]
//*9月27日(10月6日提出)分: [#k1511510]
//-テキスト11章(3節除く)のまとめ
//
//*10月6日(10月13日提出)分: [#k1511510]
//-テキスト11章3節のまとめ
//
//*12月1日まで提出分(まとめて) [#f01f849d]
//-テキスト13章のまとめを終わらせておく。