いしい/業績

Top / いしい / 業績

研究その他の業績(2000年以降)

論文

  • 「キャッシュ・フローを軸とした利益分解の有効性」、経営分析学会『経営分析研究』第26号、2010年3月
  • 「決算発表内容の訂正に対する証券市場の反応」、笠井昭次先生古稀記念論作集編集委員会(編)『笠井昭次先生古稀記念論作集 第2巻』、慶応義塾大学出版、2009年
  • 「時価評価項目増加と報告利益の持続性」、大矢知浩司・高松正昭(編)『簿記会計−現在・過去・将来』公益情報サービス、2009年
  • 「企業再編における利益管理行動と株価効果」『証券経済学会年報』、2007年7月(共著)
  • 「企業再編における利益管理行動と株式交換のアナウンスメント効果」『名城論叢』、2007年3月(共著)
  • 「事業区分法の選択とセグメント情報の有用性」、『会計』、森山書店、2005年11月号(共著)
  • 「企業の統治者は誰か−相対的所有論批判」、『経営哲学』第2巻、経営哲学学会、2005年9月
  • 「株式所有構造の変化と会計ディスクロージャー期待の形成過程」、『高千穂論叢』、2004年12月
  • 「近年の会計粉飾事例からみた経営行動と統治システム」、『経営哲学』第1巻、経営哲学学会、2004年7月
  • 「統治システムにおけるディスクロージャーの役割:日米の代表的会計粉飾事例を手がかりに」、『三田商学研究』、慶應義塾大学、2004年4月
  • 「企業再編におけるわが国企業の会計手続き選択行動」、『2003年度年報』、国際会計研究学会、2004年3月(共著)
  • 「株式交換取引における日本企業の利益管理行動」、『名城論叢』、名城大学、2002年11月(共著)
  • 「米国における初期の年金会計基準と企業の会計行動」、『所報』、愛知産業大学経営研究所、2002年3月。

学会報告

  • 「松下幸之助は何を語ったのか?」、経営哲学学会第29回全国大会、2012年9月4日
  • 「MBOにおける経営者の裁量的会計行動」、日本会計研究学会第71回大会、2012年8月31日
  • 「企業業績とインプレッション・マネジメント−パナソニックのアニュアルレポートの事例」、経営哲学学会沖縄部会、琉球大学、2010年7月10日
  • 「景気変動と会計情報の価値関連性」、経営分析学会第25回秋季大会、愛知学院大学、2009年10月31日
  • 「会計制度変更と利益の質」、経営分析学会第23回秋季大会、2007年11月17日
  • "Earnings Management and the Market Performance of Acquiring Firms in Stock-for-Stock Mergers -Evidence from Japan-", European Accounting Association Annual Conference, 2007年4月26日(共同)
  • 「企業再編における利益管理行動と株価効果」、証券経済学会第66回全国大会、2006年10月15日(共同)
  • 「決算修正報告企業の利益に関する質的特性」、経営分析学会中部部研究部会、2006年4月
  • "Segment Definition and Information Content of Segment Reporting -Evidence from Japan" , European Accounting Association Annual Conference, 2005年5月
  • 「森藤学説の現代的意義」、経営分析学会中部部研究部会、2005年3月
  • "Earnings Management in M&A -- Cases of the Japanese firms", 4th Conference of Asian Academic Association, 2003年10月(共同)
  • 「近年の会計粉飾事例から見た経営行動と統治システム」、経営哲学学会第20回全国大会、2003年9月
  • 「事業区分方法の選択とセグメント情報の有用性−アナリストの予測精度に及ぼす影響の分析を通じて」、日本会計研究学会第62回大会、2003年9月(共同)
  • 「企業再編におけるわが国企業の会計手続き選択行動」、国際会計研究学会第20回研究大会、2003年8月(共同)
  • "Earnings Management of Japanese Firms in Stock-for-stock Mergers",3rd Conference of Asian Academic Accounting Association, 2002年10月(共同)

翻訳

  • 『会計制度改革への挑戦』、税務経理協会、2005年。(共訳)

報告書

  • 『企業再編における我が国の経営者の会計方針選択行動に関する実証的研究 』(平成18年度科研費報告書)、2007年(共著)
  • 『沖縄型電力産業システムに関する研究ー電気事業者の環境行動と社会貢献』(平成11年度文部省共同研究(B)琉球大学・沖縄電力共同研究報告書)、2000年(共著)

テキストなど

  • 『財務比率の読み方』、税務経理協会、2014年(共著)
  • 『問題で理解する会計基準ベーシック・マスター』、税務経理協会、2012年(共著)
  • 『演習 簿記の基礎』、税務経理協会、2010年(第3版)、2007年(第2版)、2005年(初版)
  • 『ステークホルダーの経営学』、中央経済社、2009年(共著)
  • 『経営哲学の実践』、文眞堂、2008年(共著)
  • 『ケースブック老人介護施設の経営』、中央経済社、2007年(共著)
  • 『テキスト 簿記の基礎』、税務経理協会、2005年(共著)
  • 『簿記3級検定対策・テキスト』、日本エデュケーションセンター、2000年(共著)
  • 『簿記3級検定対策・問題集』、日本エデュケーションセンター、2000年(共著)

雑記

資格雑誌など

  • 「財表理論 合格する答案作成法」『会計人コース』、中央経済社、2012年5月号。
  • 「財務諸表論 理論力診断テスト」『会計人コース1月臨時増刊号』、中央経済社、2011年1月号。
  • 「計算力スピードチェック」『会計人コース』、中央経済社、2007年5月号。
  • 『税経セミナー 臨時増刊号』、税務経理協会、2006年。
  • 『税経セミナー 別冊』、税務経理協会、2004年。
  • 『税経セミナー臨時増刊 最新 簿記の基礎』、税務経理協会、2002年(共著)
  • 「特集 簿記論 固定資産最重要ポイント」『税経セミナー』2001年8月号
  • 『税経セミナー1月号別冊付録:財務諸表論 理論基本問題集』、2002年(共著)
  • 「不動産鑑定士2次試験 解答例と解説(会計学)」、『不動産鑑定』、住宅新報社、1999年〜(共著)

報告記・紹介その他

  • 「経営分析の掟(1)~」、『電機ジャーナル』、電機連合、2007年10月〜。
  • 「サロン・ド・クリティーク:利益管理研究のディレンマ(1)~(2)」、『企業会計』、中央経済社、2008年1月号〜2月号」。
  • 「研究室から:統治システムとしての会計の役割」『JICPAジャーナル』、中央経済社、2005年5月号
  • 「学会ルポ 第3回簿記・会計研究報告大会」『企業会計』、中央経済社、2002年1月号
  • 「会計士2次試験(財務諸表論担当)黒川行治 新試験委員」、『税経セミナー』、税務経理協会、2001年2月号


Last-modified: 2014-04-30 (水) 11:41:16 (1603d)