レポートお助け帳/EXCELでグラフ作成

Top / レポートお助け帳 / EXCELでグラフ作成
グラフをつくる


グラフの作り方を説明します。といっても、とても簡単です。問題は、どんなときにどのグラフを使うかということですが。。。
 

(1)対象セルの選択

まず、グラフにするデータの入ったセルを選択します。

選択したら、グラフウィザードのボタンを押します。





(2)グラフの種類を選ぶ

グラフウィザードのボタンを押すと、下のようなダイアログがでてきます。まず、左側のウインドを使って、グラフの種類を選択してください。次に、右側のウインドにある形式を選択します。それぞれの選択が終わったら、「次へ」のボタンを押します。
 




(3)データ範囲の確認

(1)で選んだ範囲のデータがグラフになっているかチェックしてください。ここでデータ範囲を変更することができます。通常は、なにもしないで、「次へ」のボタンを押してください。
 


 


(4)グラフの装飾

ここでは、グラフのタイトル、軸の名前、目盛線の間隔、凡例をつけるか否か、などが設定できます。ここでは、とりあえずグラフのタイトルとX軸の項目名を入れてみました。

例によって、入力が終わったら、「次へ」のボタンを押してください。
 



(5)出力先の決定
 

さて、これでグラフができたわけですが、どこに出力するかを選択しなくてはなりません。新しいシートの方を選択する(ラジオボタンをチェックする)と、全面がグラフのシートができあがります。オブジェクトを選択すると、シートの中にグラフができあがります。通常は、オブジェクトの方を選択しておくとよいでしょう。

ちなみに、プルダウンメニューから、作成するシートはどこがいいか選ぶことができます。(新しいシートを選ぶ場合には、シートの名前を変えることができます。)
 
 



さあ、これでグラフが完成しました。できあがりを見て満足がいかない方は、配付資料を参考に見栄えよく加工してみてください。
 



Last-modified: 2008-03-27 (木) 17:21:13 (3828d)