税理士財務諸表論/講義履歴/2008年度

テーマ

講義日テーマ
2008.04.16オリエンテーション
会計の社会的機能
2008.04.23会計公準と一般原則(1)
2008.05.07一般原則(2)と概念フレームワーク
2008.05.14利益計算の基本原則
資産評価の基準
2008.05.21現預金と有価証券
2008.05.21デリバティブとヘッジ会計
キャッシュ・フロー計算書
2008.06.04売上債権と棚卸資産
2008.06.11有形固定資産
2008.06.11リースの処理
論述の練習
2008.06.18無形固定資産
2008.06.25負債と繰延税金
2008.07.02論述の練習
2008.07.09論述の練習
2008.10.01ガイダンス
2008.10.08純資産と株主資本
2008.10.15M&Aの処理
2008.10.22連結財務諸表(1)
2008.10.29連結財務諸表(2)
2008.11.05連結財務諸表(3)
2008.11.12外貨換算
2008.11.19外貨建取引
2008.11.26ディスクロージャー
2008.12.03国際会計基準の動向
2008.11.10税理士試験の過去問

課題

4月18日(4月23日提出)分:

  • テキストのまとめ(1章3節と3章)

4月23日(5月7日提出)分:

  • テキストのまとめ(4章)

5月7日(5月14日提出)分:

  • 概念フレームワーク(2章と3章)のまとめ

5月14日(5月21日提出)分:

  • テキスト5章3節・4節のまとめ
  • 論述課題(ひとつ)

5月21日(5月28日提出)分:

  • テキスト5章5節のまとめ

5月28日(6月4日提出)分:

  • テキスト6章、7章を読んでくる(まとめの提出不要)

6月4日(6月11日提出)分:

  • テキスト8章(2,4,5節)のまとめ

6月11日(6月18日提出)分:

  • テキスト9章のまとめ
  • 論述課題(明瞭性の原則の適用例として、(1)総額主義、(2)区分表示、(3)附属明細表、(4)注記、がある。明瞭性の原則の養成内容とこれらの適用例との関係がわかるように説明しなさい。)

6月18日(6月25日提出)分:

  • 論述課題(家電量販店のポイントの会計処理方法について、適切であると思われる処理方法とその理由を説明しなさい。)
  • 前回の論述課題の直し

10月1日(10月7日提出)分:

  • テキストのまとめ11章(3節以外)

10月8日(10月15日提出)分:

  • テキストのまとめ11章3節

10月15日(10月22日提出)分:

  • テキストのまとめ13章1~3節

10月22日(10月29日提出)分:

  • 論述課題(講義中指示)

10月29日(11月5日提出)分:

  • テキストのまとめ13章6節以降

11月5日(11月19日提出)分:

  • テキストのまとめ14章
  • (論述)連結株主資本等変動計算書の作成目的について説明せよ。

12月10日(12月17日提出)分:

  • 2006年度第2問の解答作成


Last-modified: 2009-04-01 (水) 19:53:03 (3519d)