税理士財務諸表論/受講生評価

Top / 税理士財務諸表論 / 受講生評価
 
 
 

2005年度分のアンケート結果

受講生諸君のアンケートの集計結果です。有効回答数が10人と少ないのですが、参考まで。各々の質問肢は、1〜5の数字で解答するようになっています。おおざっぱにいえば、数字が小さいほど悪い結果で、大きいほどよい結果です。

質問の前にあるアルファベットは、質問肢のカテゴリーを示しています。

  • B:受講生自身について
  • C:担当教員について
  • D:授業について

質問肢別集計結果

質問番号質問肢平均最小最大標準偏差
B1必要な予習・復習をして授業に臨みましたか。3.3251.06
B2授業時間中は授業に熱心に取り組みましたか。3.9350.88
B3教室の環境作り(私語・携帯電話・途中入退室のマナー)に協力しましたか。3.9350.74
B4あなたのこの授業への出席率はどの程度でしたか4.1350.60
C5声(声量)は聞き取りやすかったですか。4.7450.48
C6話すスピードはよかったですか。4.4350.70
C7教科書,配付資料等の指示・利用は適切でしたか。4.1350.88
C8騒がしい学生への指導は適切でしたか。4.7350.67
C9授業に対する取り組み(熱意を含む)は適切でしたか。4.7450.48
C10質問者への対応は適切でしたか。4.8450.42
C11授業の開始・終了時間は適切でしたか。4.7450.48
D12授業の内容はわかりやすかったですか。4.0251.05
D13授業の進め方は工夫されていましたか。4.6450.52
D14授業の目的・目標とするところを理解できましたか。4.1350.88
D15教材,資料などの利用は効果的でしたか。3.8251.03
D16板書はわかりやすかったですか。4.4350.70
D17この授業で新しい知識・考え方が修得できましたか。4.6350.70
D18この授業を他の学生に勧めたいですか。3.7151.34
D19この授業にどの程度満足しましたか。4.3350.71
D20この講義を受講した感想など(記述式)----

カテゴリ別集計結果

カテゴリ平均最小最大標準偏差
B3.79250.921
C4.59350.625
D4.19150.921

記述式解答(D19)の結果:

  • 宿題が多い(5件)
  • 教材が高い(2件)
  • レベルが高い
  • 文章の書き方は早い段階でやって欲しい
  • 論述練習の時間がもう少し欲しい
  • 税理士試験の対策をもっとやって欲しい
  • 重要な論点を中心に講義すべき
  • 前半講義、後半論述練習スタイルがよかった

集計結果をうけて:

  • 本年度、新規科目ということで、受講生が少なかったのだけれどもアンケートをとりました。2006年度に向けての反省および改善予定は次の通りです。
  1. 教科書を1冊減らす(春学期・秋学期とおして1冊にする)
  2. 論述の仕方についての講義(2005年度は最終回に実施)を春学期中もしくは秋学期第1回目にやる
  3. 論述の練習の時間を増やす(秋学期)
  4. 講義資料の見直し(追加-含解説)
  • 宿題が多いという件に関しては、春学期の反省から秋学期は分量を半分くらいにしたつもりでした。こちらはあまり減らすと学習効果も下がってしまうと思いますので、時間をかけて検討します。
  • 授業のわかりやすさ(D12)と教材・資料の利用(D15)は評価のばらつきが大きいので、いずれにしても改善に努めます。後者はおそらく教科書を減らしてガンガン参照するようにすればよいということであろうと思います。次からそうします。わかりやすさはすぐには改善できませんが、努力します。
  • 最後まで受講してくれた皆さんは、自分に厳しく教員に優しい評価となっています。真面目な皆さんだったんですね。ということで、皆さんからのよい評価は、話半分ということで、2006年度は襟を正してがんばります。


Last-modified: 2008-03-28 (金) 22:20:52 (3826d)