my page/stata

Top / my page / stata
 
 

使い方説明サイト

 
 

本家が紹介するstata解説サイト。ローカライズしていないいじょう、当然、日本のものはない。本家が紹介する解説サイトのリストもある。

 

本家のfaqサイト。何かあればまずここかな。

 

stata journalのfaqサイト。adoなんかもある。

 

当然英語だが、丁寧な解説。ベタな西海岸なまりの英語のclass note ver.3のムービーあり。同じく、オンラインセミナーのムービーもあり。読むよりは楽ちんかも。Mac版を使っていればもっといいのに。web book 『stataで回帰分析』も。

 

同じくUCLAの解説サイト。とにかく回帰分析。線形回帰とロジスティック回帰。regressionsの4章よし!

 

松浦先生によるstataの使い方解説。経済系らしい解説。pdf。stata入門はwindows版stataを使った解説。パネルデータ分析や、離散選択モデルの解説も。

 

グラフ作成とdata management中心の解説。GLSの解説(というか授業のレジメ)もあり。当たり前だけど、英語なんだな。

 

adoを探す

 

必要なadoの名前とかがわかっていれば"findit"コマンドで探せるけど、そうじゃないときに。

Boston College経済学部のアーカイブ。基本的にここで事足りる。何がどこにあるかわかれば、の話だけれど [smile]

 

本家提供のadoアーカイブのリスト。当然、役に立つ。でもこのなかから必要なモノを探すのは大変。当面、Boston C.のバウム先生のものをひろって使用。経済系ってことで。

 

『Stataで計量経済学入門』の著者のおひとり、筒井先生によるadoの紹介(ver.8想定だが、現行バージョンでも生きている)。ちなみに、同書で使用したデータの提供もあり。

 

非常にありがたい。vuong検定のadoもある。あー、らくちん。

よく忘れるコマンド

 

あなたにとっての覚え書きは、僕にとっての発見でもある。ありがとう。

 
  • adoupdate, update : userによるadoのアップデート
     
     

検定方法その他

 

いつ、何時どの方法を使うか。これだけでわかれば苦労はいらんが、非常に役に立つ。

 

stataモノではないが、何といっても日本語。助かる。

 

グラフに日本語を表示したいとは思う。でも、Mac版での日本語表示には不具合ありでおすすめできず(v12で解消)。どうしてもの時は、画像として書き出して、加工する方法がよい(んじゃないか)。mac版 stata userにとって、齋藤氏のサイトの目玉は、むしろよさげなdoファイルにあるかも!



Last-modified: 2012-04-11 (水) 12:07:29 (2413d)